アロマのある暮らし

癒しの万能薬ラベンダー!ラベンダー精油をとことん使いこなす15の方法

アロマテラピーの代名詞ともいうべき香りの王さま「ラベンダー」。

みなさんはどんな使い方をしていますか?

もっともポピュラーな方法がアロマディフューザーなどを使って芳香浴を楽しんだり、スプレーなどでエアフレッシュナーとして空間に散布したりなどでしょうか。

せっかく手に入れたラベンダー精油。
眠らせておくのはもったいないです。

ラベンダー精油(100%天然成分)のもつ効能をあますところなく使いこなすための方法をご紹介します!

心のリラックス

芳香浴

アロマポットやアロマディフューザーなどに精油を数滴入れ温めることでお部屋全体にラベンダーの優しい香りを行き渡らせる方法です。

自然と緊張もほぐれ、心身ともにリラックス効果が期待できます。空気の浄化にも最適です。

アロマバス

バスタブに5~10滴ほど精油を垂らしよく混ぜます。アロマバスにはリラックス効果だけでなく、お肌への鎮静効果や汗疹、かゆみなどの抗炎症作用も期待できます。

アロマ香水

香水の代わりとして、自然で上品な香りをまといます。気分を落ち着けたり、不安を取り除きます。ホホバオイル大さじ1:精油1滴が目安です。直接精油を塗布することもラベンダー精油では可能ですが、高濃度のため希釈する方が無難です。

瞑想のアロマ

一滴手のひらに垂らし、両手でこすり合わせてゆっくりと鼻に近づけながら深呼吸を行います。ラベンダーは場の浄化をするとともに、心を鎮静させ、リラックスさせる効果があるので、より深い瞑想状態へ導いてくれます。

陰ヨガなど呼吸をメインとするヨガにも最適です。

頭皮ケア

数滴を手に垂らしこすり合わせて、頭皮マッサージを行います。香りのリラックス効果と頭皮の皮脂の分泌量を調整してくれ、頭皮のバランスを整えます。ツヤ髪効果も。

空気をリフレッシュ

スプレー瓶に無水エタノール20mlと精油15滴を混ぜ合わし、精製水10mlを注ぎ再びよく混ぜます。南仏プロヴァンスのラベンダー畑を体感しましょう!

安眠

精油を1滴垂らしたコットンやハンカチなどを枕元に。ポプリやアロマクラフトなども代用できます。安らぐ空間で深い眠りに誘います。

ホットアイマスク

電子レンジで水で絞ったタオルを加熱し(目安:500Wで1分程度)、40℃くらいになった蒸しタオルに精油を1滴垂らし軽く揉みこみます。目を閉じまぶたの上にそっと乗せ5分程度じんわりと目の周囲を温めます。心地よいラベンダーの香りとともに眼精疲労や目の疲れを解消します。

スキンケア

ニキビ・吹き出物、湿疹、シミ予防

原液で1滴、局部にそっと塗ります。ラベンダー精油は抗炎症作用と肌再生に優れているため、肌トラブルの強い味方です。

フェイシャルマッサージ

キャリアオイル(ホホバオイルなど)50mlにラベンダー精油10滴入れよく混ぜ合わせます。お肌の修復や肌老化のスローダウン、癒し効果が期待できます。

メディカルアロマ

呼吸器系のトラブル

風邪や喘息、のどの痛みなどに効果的です。マグカップ1杯60~70℃くらいのお湯に精油を2~3滴垂らし、立ち上がる蒸気を吸入します。

やけど、切り傷、虫刺されに

ラベンダー精油は肌の修復効果に優れているため、やけどや虫刺されには原液を1滴患部に塗ります。切り傷や擦り傷などはミネラルウォーター500mlのボトルにに5滴を加え患部を洗浄します。

筋肉痛に

キャリアオイル30mlに10滴程度を加えよく混ぜます。ラベンダーの鎮静作用により筋肉の緊張やハリが緩み、痛みが緩和されます。

マウスウォッシュ

歯ブラシに1滴精油を加えてブラッシングすると、口臭予防や歯周病、口内炎の予防に。
カップ一杯のぬるま湯に1滴精油を加えてうがいすると風邪予防にも。

日焼けケア

ラベンダー精油は日焼け直後の炎症を抑えてくれます。
無水エタノール10mlにラベンダー5滴とティーツリー3滴、ペパーミント2滴を加え希釈したあと、精製水100ml、グリセリン10mlを加えよく振ります。日焼けの箇所に何度も塗布するのがポイントです。

まとめ

ラベンダーには実にたくさんの活用方法があり、万能薬と言われる所以です。

アロマの勉強をすると、実際に暮らしの中でアロマを活用することができます。実はこんな使い方もあった!?などと香りと一緒に楽しめるのが良いところでもあります。

我が家では救急箱を断捨離し、今では夫の正露丸と皮膚軟膏クリームといざというときのロキソニン(鎮痛剤)があるのみです。

みなさんも精油をうまく使って、心の癒しと暮らしを快適にしてみませんか?