私の愛用品

秋冬もオルビス「サンスクリーン(R)パウダー」で紫外線対策と美肌の同時ケア!

 

ジリジリと焼き付くような暑さが終わり、涼しくなってきましたね。

暑さが和らぐとつい怠りがちになるのが「紫外線対策」です。
私自身もついうっかりとUVケアを忘れがちになりますが、秋から冬にかけてこそ油断大敵!

だからこそ、デイリーユースしているのがコスパに優れた『オルビス サンスクリーン(R)パウダー』です!

オルビス サンスクリーン(R)パウダー

この商品が発売されてから何年もリピート買いしている私の愛用品の一つです。

ココがおすすめポイント

SPF50+ PA++++

紫外線対策には文句のつけようのない最強ランクです。

ちなみにSPFPAの違いはご存じでしょうか?

紫外線には波長の長さによって、「A波(UVA)」「B波(UVB)」「C波(UVC)」に分けられます。そのうち地上に届くのは、「A波(UVA)」と「B波(UVB)」の2種類。

「B波(UVB)」を防ぐ効果を表す数値がSPF、そして、「A波(UVA)」を防ぐ効果を表す数値がPAです。

この数値をどう見るかですが、簡単に言うと、夏場のジリジリとした紫外線は「B波(UVB)」、一年中降り注ぐ紫外線は「A波(UVA)」なので、年中紫外線対策を頑張りたい人は言うまでもなくPA++++(フォープラス)を選択するのがベストと言えます。

【補足】

●UVA:地上に到達する紫外線のなんと約9割を占め、波長が長く、雲や家の中・車の窓ガラスをも透過して肌にも到達するため「生活紫外線」とも呼ばれます。

肌の真皮層にまで到達し、ハリや弾力を生むコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸をつくりだす線維芽細胞を傷つけ、その結果シミ、シワ、たるみを作りだします。

●UVB:波長が短いために真皮には到達しないが、表皮にさまざまなダメージをもたらします。ヤケドをしたように肌を赤く炎症させるサンバーンや、メラニン色素が沈着して肌を黒くするサンタン、シミやそばかすの原因になります。

UVケア商品を買うときのポイントにもなりますので、PAの+に注目してくださいね。

扱いやすいプレストタイプ

なにより手軽。

毎日のお化粧直しに全くストレスがありません。

もともと扱いが雑なのでルーセントタイプは粉が飛び散りそうで気おくれしますが、プレストタイプなら周囲を汚さないし、持ち歩いても安心感があります。

カバー力やきめの細かさ

Tゾーンはべたつくのにその他は乾燥するといういわゆる「混合肌」ですが、汗や皮脂を吸着して肌はサラサラになるし、くすみも気になりません。

あまりに汗ばむようなときは合間にパウダーを重ねますが、パウダーの厚さも気にならず、夕方まで比較的くすみ知らずなのは個人的には◎です(あくまで個人の感想です)。

植物性保湿成分配合

ローズマリー葉エキス配合で保湿効果もバッチリ!

パウダーというと粉っぽさが気になるところですが、コナコナした感じはなく、しっとりとはいかないまでもサラッとふんわり(さらふわ?)した印象です。

あまりに暖房の効いた室内では乾燥は避けられませんが、もともとの混合肌のせいか、パウダーがより密着して程よい肌質をキープできています。

まとめ

紫外線量のピークは春から夏にかけてですが、だからといって、冬にゼロになるというわけではありません。秋から冬にかけてだんだん少なくなっていきますが、真冬でも夏の半分程度にしか減らないため、一年中油断できないのが紫外線。

だからこそ、デイリーユースを選ぶときはプチプラかつコスパに優れたモノ選びをしたいですね!